大満足のマイホームが手に入るなんて!"> 大満足のマイホームが手に入るなんて!">
  • 商品カテゴリ

  • ジャンル

  • 価格帯

  • 目的別

  • 年代別

  • こだわり条件

【増税後も安心】
毎月6万円で大満足のマイホームが手に入るなんて!

息子が生まれて早3年。
家は1LDKのマンション家賃12万円。

息子がスクスク育ってくれるのはとっても嬉しいことなのですが…。
最近、思うことがあります。

「い…家が狭い…」

散らかった部屋を見るたびに、ちょっぴり罪悪感…。

初めは「キー―ッ」となっていましたが、もはやイライラを通り越して諦めモードです😰

「広くてきれいなお家に住みたい…」

✨天井が高くて広いリビング✨
✨足先が冷えない床暖房✨
✨広々パントリーで整理上手✨

現実的に家を建てる余裕なんてないけど、暇があればそんな妄想をしていました。

そんな矢先、
友人の美咲が家を購入!!

旦那さんの給料もうちとそんなに変わらないって言ってたはずなのに、羨ましい。。😂

気になってLINEでいろいろ聞いたら、なんと1000万円台で一軒家を建てらしい。

しかも建て売りじゃなくて”注文住宅”!?

月々の支払いが6万円!?

その安さで新築の一軒家(4LDKの注文住宅)に住めるなんて。

ウチ(1LDK)の家賃は12万円なのに…。

理不尽すぎるっ!?!

このことを話したら「家を建てるのはムリ」って言ってた旦那も興味津々!

私は友人に「どうやったらそんなに安く家が建てれるか教えてー😂」と聞いてみることに。

そこで友人が教えてくれたのが
”ローコスト住宅”でした。

 

ローコスト住宅ってなに?

”ローコスト住宅”と聞くと、
正直良いイメージは沸きませんよね。

海外の粗悪な材料だったり、悪徳業者が絡んでいたり…私も詳しく調べるまでは”質の低い住宅”を指す言葉だと思っていました。

でも調べれば調べるほど、それが勘違いだったとわかったんです!!

ローコスト住宅というのは”材料費・広告宣伝費・人件費でコストダウンに成功した住宅”のこと!

特に“広告宣伝費”を削ることがコストダウンの決め手になるんだとか。

家を建てる私たちからすれば広告宣伝費なんて一切関係ないので、徹底的に削って欲しいですよね!!

つまり、

賃貸よりも安くマイホームが手に入れることができるんです!!

ローコスト住宅の施工事例

こんなステキなお家なのに安い!😍

ローコスト住宅は”おトクな高品質住宅”なんです!

 

さっそく資料請求!

ローコスト住宅の誤解が解けたところで、さっそく美咲に教えてもらった「タウンライフ家づくり」というサイトで、注文住宅の一括資料請求をしてみました!

かかった時間は、ゆっくりやって2分くらいでした

 

要望には「広くて解放感のリビング」と記載しておきました!
広いリビングは憧れです✨

 

少しだけ”タウンライフ家づくり”の説明をすると…

注文住宅の”間取り作成””費用相場の比較”ができるサイトです。

普通の資料請求サイト違って、各メーカーから実際に提案書が貰えるのがポイント!

とくに間取り図が嬉しい!

わたし専用の間取り図を見ると現実感がグワっと湧いてきました😍

 

 

すると、数日後にはこんなにたくさんのパンフレット(無料💖)が届きます。

無料でこんなにギッシリ。
お…多すぎる…(苦笑)

あまりの資料の多さに私は若干引きましたが、旦那はめちゃくちゃテンション上がってました

やっぱり男はこういうの好きなんですね。
ちなみに、息子も興味津々でした(笑)

とくに参考になったのは実際に建てた人たちの体験談です。

参考になった体験談

家は一生で一番高いお買い物。

家族とたくさんの相談することになるので、資料はいっぱいあって良かったです!

失敗しないためにも、まずはタウンライフ家づくりで一括資料請求がおススメですよ♪

 

ついに家族会議!

議題はもちろん『今のマンションに住み続けるか、マイホームを建てるか』です。

協議の末に出てきた答えは、
やっぱり注文住宅のメリットばかり!

今の1LDKが家賃12万円。
もし仮にウチの支払いが6万円に収まれば…

1年間で72万円もおトクに!!

これだけ余裕があると貯金だけじゃなく、家族旅行も夢じゃない💖

ちょっとした贅沢のためにも、もう引っ越すしかありません!!

 

増税後の方がおトクって本当!?

でも10月から消費税10%に上がったし、いま買うのはなんだか損した気分。

もう少し早く知っておけば8%で買えたのに…

そう思ってガックリしていましたが、”増税後の支援策”のおかげで、増税前よりむしろおトクに買えるみたいなんです!

……

「わ…わかりづらい…」

私もそう思いました(苦笑)
国の資料は見るだけでクラクラしますよね😨

これを簡単にまとめると…。

つまり、支援策のおかげで増税前よりもむしろおトクに家を建てられるんです!

支援策を受けらるのは2021年までに”入居”した方だけ。

期限ギリギリになると、需要が増えて工賃(人件費や材料費)が上がってしまいますので、マイホーム検討している方は、今すぐ一括資料請求だけでもした方がよさそう!

 

最後に要点をまとめて終わりにします。

あなたも今の家賃よりも安く”こだわりのマイホーム”を考えてみてはいかがでしょうか?

まずは資料請求だけでも試してみるのがおススメですよ!

10年モノの毛穴汚れがジュワ~っと浮き出た感動体験レポ♡" class="next-post a-wrap cf">
NO IMAGE