• 商品カテゴリ

  • ジャンル

  • 価格帯

  • 目的別

  • 年代別

  • こだわり条件

話題の222生酵素を使ってダイエット!正しい飲み方まとめ

最近はダイエットに向いていると言われるたくさんの種類のスーパーフードが紹介されていますが、少し前に酵素ダイエットブームがあったことを覚えている方も多いのではないでしょうか。
酵素ダイエットはブームが去ったと思われていますが、ここにきて再び酵素は注目されてきています。
それは、最初に酵素ブームが起きてから継続して酵素を摂取している人がダイエットに成功してきていることから見直されていることが要因なのです。
しかも、今回は単なる酵素ではなく「生酵素」のサプリメントに熱い視線が注がれているのです。
酵素は加熱処理をすることにより酵素本来の力が発揮できない場合がありますが、生酵素は加熱処理をしないので酵素の効果を直接的に受け取ることができると考えられます。
このように加熱処理をした酵素よりダイエット効果が高いと言われる生酵素にも最近は多くの種類がありますが、222生酵素とは222種類の食物酵素が含まれている生酵素サプリなのです。

222生酵素ってどういうサプリなのか?まとめてみました

222生酵素の特徴について

222生酵素パッケージ

222生酵素はNPO法人日本サプリメント評議会が認定している製品で、安心かつ高品質なサプリメントとしてモデルや女優をはじめ多くの人々から支持されています。
健康食品売れ筋ランキングでも第一位を獲得するほどの人気がある222生酵素ですが、「222種類の植物発酵エキス」「コエンザイムQ10」「L-カルニチン」「乳酸菌」「ビタミンB1」がそれぞれ配合されている点に特徴があります。
222生酵素が受賞した売上ランキング
それらの特徴について具体的にみていきましょう。

222種類の植物発酵エキス配合のサプリ

さまざまな野菜

222生酵素には名前の通り222種類の植物発酵エキスが配合されています。
222種類の食材には、野菜、果物、海草、など、実に多くの種類が使われており、主な食材は以下の通りです。

ホウレンソウ、キャベツ、ブロッコリー、小松菜、セロリ、カボチャ、トマト、大麦若葉、モロヘイヤ、パセリ、キャベツ、シイタケ、ゴボウ、レモン、イチゴ、ブドウ、イヨカン、キウイ、リンゴ、パイナップル、イチジク、ミカン、アンズ、グレープフルーツ、ウメ、グレープ、など。

また、食材の種類も多いのですが、食材の収穫時期を旬の時期に合わせていたり、その配合バランスを健康やダイエットに寄与するように考慮されていたり、効果を発揮できるように工夫しています。

コエンザイムQ10が肌を内側からサポート

222生酵素にはコエンザイムQ10が配合されています。
コエンザイムQ10とは、もともと人間の体内に保有している成分で、非常に強い抗酸化作用があります。
例えば、酸化と関係があるシミやしわは、体のサビのようなもの。サビさせないようにすれば、シミやしわは防げるのです。
抗酸化作用を持つコエンザイムQ10は、栄養素をエネルギーに変える力があり、体を若々しく保つために必要な成分であると言えます。
コエンザイムQ10には、脳、臓器、血管、肌、などの老化を防止して、正常な機能を維持してくれる、というとても大切な機能があるのです。
しかし、残念なことに、加齢と共にコエンザイムQ10は徐々に失われて、減ってしまいます。
したがって、外部から補う必要があります。
222生酵素はこのコエンザイムQ10も配合され、手軽に補うことが出来るサプリメントです。

L-カルニチンが配合されている

L-カルニチンは、私たちの筋肉細胞に多く存在し、脂肪酸をエネルギーに変えるとても大切なアミノ酸です。
脂質からエネルギーへの変換は細胞のミトコンドリア内で行われますが、脂質だけではミトコンドリアの壁を通過することができません。
そこで、脂質が体内に取り込まれると脂肪酸に分解され、その脂肪酸とL-カルニチンが結び付くことでミトコンドリア内に運ばれます。
こうして、脂質がエネルギーへ変換され、体内で利用されることになります。
つまり、L-カルニチンは脂肪酸をミトコンドリア内に運ぶ重要な役割を担う成分です。
しかし、加齢により筋肉中のL-カルニチン不足することがわかっています。
また、最近ではダイエットや偏食などにより若年層でもL-カルニチンが不足しがちなことから、年齢を問わず積極的な摂取が必要です。

乳酸菌が腸内環境を整える

ヨーグルト

乳酸菌は善玉菌の代表のような菌で、昔から胃腸の働きを整えてくれる効能で有名でした。
具体的には、ヨーグルト、チーズ、バター、納豆、味噌、などの乳酸発酵を促す菌で、身近で生活に役立っています。
この乳酸菌のような善玉菌も年齢を重ねるごとに減ってしまいます。
したがって、外部から積極的に摂取することが必要です。

ビタミンB1が炭水化物をエネルギーに変える

燃えているイメージ

ビタミンB1は水溶性のビタミンのひとつです。1975年にジャンクフードの普及により社会問題化した脚気という病気はビタミンB1の欠乏によって生じることで有名です。
ビタミンB1は皮膚や粘膜の健康維持をサポートする働きをします。
また、ビタミンB1は糖質を主な栄養源としている脳神経系の正常な機能にも大きな関係があります。

ビタミンB1が不足すると糖質をうまくエネルギーに変えられないため、食欲不振になったり、疲れやすくなったり、しますので、ビタミンB1はとても大切なビタミンなのです。

普通の食生活で過剰摂取を心配する必要はありませんが、サプリメントなどからの大量摂取をした場合には頭痛やいらだちなどの状が報告されています。

サプリメント管理士がサポートしている

サプリメント管理士とは、栄養補助食品等の販売・紹介に関わるアドバイザーとして、一定の知識水準を保持していることを、新生活普及協会(SSFK)が認定する民間資格です。
222生酵素では専属のサプリメント管理士を保有しているスタッフが、あなたのダイエットを徹底的にサポートしてくれます。
一人では継続することが難しいサプリメント摂取を中心としたダイエットでも専門知識を持った協力者がいてくれることで安心してダイエットに励むことができます。

生酵素を飲むタイミングは?

サプリメントを飲む女性

222生酵素はいつでも好きなタイミングで飲むことができます。
しかし、222生酵素を飲むタイミングによって、酵素の効果が現れてくるタイミングが異なりますので、実は飲むタイミングはとても重要なのです。

ダイエットが目的なら夕食前

222生酵素の摂取がダイエット目的なのであれば、飲むタイミングは夕食前が効果的でしょう。
夕食前は胃の中が空っぽの状態なので、222生酵素の成分が効率よく吸収できる状態になっています。
また、一般的には夕食での摂取カロリーが一日の中で最も多いのですが、夕食の前に222生酵素を飲むことで酵素が消化を助けてくれる働きも期待できます。

基礎代謝をUPするならエクササイズ前

エクササイズの前に222生酵素を飲むことで、基礎代謝を上げてくれます。
基礎代謝が上がると、脂肪の燃焼効果も上がりますので、エクササイズなどの運動をダイエットに取り入れている人にとってはおススメです。
基礎代謝が落ちくるとダイエット効果が出にくくなってしまいます。
痩せる効果を発揮しやすくするためには、エクササイズ前に222生酵素を飲みましょう。

他にも、便秘解消やアンチエイジングのためであれば、朝食前や就寝前に222生酵素を摂取するのが効果的です。

生酵素サプリを飲むときは水で毎日同じ時間に!

222生酵素を飲む時は毎日決まった時間に水で飲むことをおススメします。
水以外で飲む場合は酵素の効果が十分に発揮できない可能性がありますので、例えばジュースやお茶などで222生酵素を飲まないようにしましょう。
また、特に飲み始めの頃は習慣として生活スケジュールに馴染ませるためにも決まった時間に飲むようにしたほうが良いでしょう。
そして、222生酵素の効果を最大限享受するためには継続して飲み続けることがとても大切です。

[submit url=”https://www.karadano-recipe.com/SHOP/110223-4ja.html”]222生酵素はコチラ[/submit]